「はじめまして。ひさしぶり。」
大瓜生山祭2020 ONLINE

テーマは 「はじめまして。ひさしぶり。」

会うことへの制限がある今だからこそ、学生同士や、学生と教職員のみならず、今までなら出会うことが難しかったかもしれないそれぞれが出会う場として、本年の大瓜生山祭はオンラインで開催することとなりました。

「はじめまして。ひさしぶり。」をテーマに、人はもちろん、大学からの景色やあの空気感もぜんぶ含めて、いろんなものに出会ってもらえる場所にしたい。そんな思いを込めました。

24時間×9日間=216時間の学園祭

大瓜生山祭開催中、たくさんの人々に京都芸術大学で出会ってもらうべく、いつでもアクセス可能なオンラインの特性を生かし、4つの動画チャンネルを開設!

24時間×9日間=216時間。さまざまな企画構成で、学内外の皆さんに楽しんでいただける配信を目指します。内容は、学生による学校案内、食にまつわる新しいツールのプレゼンバトルなど! 多数の学生持ち込み企画で京都芸術大学のほか、瓜生山学園併設校の学生たちの個性を動画にてご覧いただけます。

動画配信以外にも、ネットショップを利用したクリエーターズマーケット、芸術を学ぶ学生たちの「いがい」な一面を見ることが出来る学生有志作品展「いがい」展に加え、全13学科の学生作品が閲覧できる学生作品展なども掲載いたします。

学園全体で作り上げる、これまでにない学園祭。どうぞご高覧ください。